貯金に慣れ始めは要注意!

貯金って慣れない人だと難しくて大変です。私も以前その慣れない人の仲間でした。
もう貯金をしようとすると、普段の金銭面や金銭感覚がズレまくり状態です。始めようとしたきっかけは、
職場の人間が、いくら貯金達成しただの、今月はいくら貯金しただのとしょっちゅう話をしているので、
それに影響されて自分にも出来るかな?と単純に思ったからです。


それまでは貯金と聞くと、そんなのは今の自分の経済状況では無理だと決め付けていました。でも後でわかったのですが、自分が遊びや欲しいものを買って、使いすぎているだけで計算すると、必ず余る金額があったのです。それにも関わらず、無理という概念があって、自然に好き勝手に使っていたんですよ。でもある程度年齢を重ねると今後のことが気になるようになってきて、それで本当に貯金しないとな、と思うようになり始めたんです。


それでも最初は試したものの、上手にはいきません。今まで好き勝手使った期間が長すぎたのか、慣れていないのか分かりませんが、中々出来ずに困っていました。でもある時病気で入院したことがあって、その時に預金がなくて支払いに困ったことがあったんです。
それからは考えも変わって、真剣に貯金をしようと決めたんです。それ以降意思もある程度固まって貯金に専念出来たんです!
でもここで要注意です。慣れてくると自分みたいに意思がもとから強くないとある程度の金額までいくとちょっと甘さが出るんですね。


この金額なら、少しばかりなら使ってもと言っては欲しいものを買ったりと繰り返して、減ったり増えたりの繰り返しだったんです。そして、ある時貯まってから使いすぎてアコム店舗錦糸町から借入したことがあったんです。
ちゃんとした意思が働いていないと、このように特に慣れ始めは注意です。せっかく続いていたのが進まなくなる可能性がありますので、是非ここは注意して心構えをして挑んで下さい。後で後悔しないように、全力で頑張りましょう!

つなぎ資金の使い道

夢のマイホーム、一戸建ての住宅を家族の目標にしている方は多いものです。 壁ひとつ隣には違う家族がいて気を使いながら生活をする、そうではなく一戸建てで自由にのびのびと生活をしていきたい、子育てをしていきたいと考えるのは普通のことです。 さてその一戸建て。 …